日本競馬:賭け方の簡単なご紹介

日本競馬:賭け方の簡単なご紹介

日本の競馬シーンには楽しいイベントや数多くのレースが見られます。世界中で広く人気を集めており、ギャンブラーが賭に臨む機会も増えています。日本の競馬は、すべて日本中央競馬会(JRA)の規定に従い開催されています。レースは、中京、京都、福島、小倉、中山、函館、新潟、東京、阪神、札幌を含む全国10のJRA競馬場にて行われます。

農林水産省によると、レースイベントは年に最大36回まで開催可能で、各イベントは12日間まで、1日のレースは12までに制限されています。つまり、JRAは毎年288回のレースイベントを主催できるということです。原則として、レースは土曜日、日曜日、祝日に行われます。2019年には36のレースイベントが行われ、合計3452回のレースが行われました。

賭けの仕組み

日本競馬

海外居住者は、日本のレースで賭けるためには限られたオプションの中から選択する必要があります。すべてのレースで高いマージン固定オッズを使用するほかなく、実際のレースを目にすることもできません。限られた情報の中で、土曜日と日曜日に賭けるチャンスが得られます。

国内の競馬は固定オッズのないシステムで実施されます。すべての賭けは競馬場で、JRAの職員に対して行われます。日本の賭博法では競馬場外の賭けは許可されておらず、違法と見なされています。

日本における競馬からは莫大な収入が得られます。2018年、有馬記念レースにおいては100,189人により賭けが行われました。その年のレース全体の賭けの売り上げは3億9200万ドルとなり、イベントにおける賭け金額は5億500万ドルでした。

競馬場

JRAには上記の10の競馬場があり、年間を通じてレースが開催されています。競馬場には、芝とダートトラックの両方が見られます。時には、競馬場ではジャンプレースも開催されます。2つのグループの1レースがダートトラックで行われ、残りの23レースは芝生の競馬場で行われます。

調教師と馬主

人種

イベントに参加する競走馬はJRAに登録し、美浦・栗東の両トレーニングセンターで訓練を受ける必要があります。さまざまな地域におけるレースに参加する馬はイベントの前にレースに運送され、レースが終了するとまた元の施設へと戻ります。2019年に最高の調教師として表彰されたのは安田 隆行、矢作 芳人、堀 宣行の3氏でした。池江 泰寿氏や国枝 栄氏などの調教師もトップ10に入りました。勝利を挙げるために正しい方法で馬を飼育するためには、優れた調教師が欠かせません。

規制と制限

JRAに登録していない馬はJRAイベントに参加することはできませんが、JRAグレード1の芝イベントにはいくつかの例外が見られます。競走馬はステップレースに参加して、ダートグレード1のイベントに勝ってJRA芝イベントに参加することが可能です。毎年恒例のイベントに参加するために、馬主はJRAの規則に熟知している必要があります。

競馬も日本国内で人気のギャンブルですが、オンラインカジノもそれに匹敵するほど人気が急上昇しています。

verajohnなどのカジノは国内での登録者が最も多いことで知られています。

No Comments

Post A Comment